HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

全てのCBDは同じではない!?

      2017/11/10

最近ではたくさんのCBDオイル製品がありますが、ヘンプメッズ社ほどの品質を持つ企業は多くありません。ヘンプメッズは全ての製品に関して完全な臨床検査を行なっており、100%農薬不使用の補償に関してかなり透明性が高い企業、かつ世界NO1です。

私は最近、ヘンプメッズのアイソレートとRSHO・アイソレートを試す機会に恵まれました。これらの製品の優れている点は、その味です。通常、CBDが豊富な製品は、無味無臭でアイソレートを吸引するととても大きく効果が出ます。この場合、低温で吸引したら、カンナビジオールが肺中に広がり、非常に満足感が得られました。

従来のアイソレートは、雪のかけらのような手触りです。実に素晴らしい製品です。

効力に関しては、一度99%以上の結晶を試したら、これが最高の製品であることが分かるでしょう。しかし、全てのアイソレートが同じように作られているわけではありません。その証拠は味と精神活性化にあります。だからこそが優れているのです。

私はヘンプメッズのRSHO・アイソレートに非常に満足しており、他のチンキ剤やジェルカプセルと同様にお気に入りです。ヘンプメッズ社のCBDオイルは、キャリアオイルが異なる2種類のタイプがあります。1つはMCTオイルがベースになっており、もう一方はヘンプシードオイルです。このチンキ剤が特別なのは、全範囲の二酸化炭素オイルを元にしているからです。つまり、蒸留液のように分離させた化合物を使用するのではなく、より広範囲の薬効を患者に提供するのです。

最高品質のアイソレートをお探しなら、RSHO・アイソレートを強くお勧めします。また価格も比較的手頃です。

また、CBDオイル製品をお探しの方にもヘンプメッズを強くお勧めします。理由は世界.NO1だからです。

*****************

「全てのCBDは同じではない」とはどういうことか?

CBDオイルの製法や含有量に関して異なるという意味でしょう。日本にはまだ数えられるほどの CBDブランドしか入ってきていませんが、アメリカやヨーロッパにはすでにたくさんのCBDブランドがあり、その品質はピンキリです。農薬不使用を謳いながらも実際は微量の農薬が残留物として残っていたり、商品のラベルに書いてあるCBDやその他カンナビノイド含有量と実際の含有量が違っていたり、というケースも実際にあるのです。

そこで大事なのは、各製品ごとに臨床検査を行い、その結果をホームページなどで提供しているブランドを見つけることです。ここまで情報を開示してくれるCBD企業であれば、品質に関して安心して購入することができますよね。この記事で紹介されているヘンプメッズ社もそうですが、ブルーバード・ボタニカルズ社エンドカ社の製品もホームページで各製品の検査結果を公開しているので優良企業だと思います。CBDオイル製品は決して安くはないので、せっかくお金を出して買うならしっかりリサーチをしてから購入することをお勧めします。

参考:HighTimes

 - CBDオイルについて, 全て, 海外のCBDオイルニュース