HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

大麻植物に含まれているテルペン成分

      2017/11/16

大麻には80以上の大麻特有の化合物カンナビノイドの他にも、テルペン、ミネラル、ビタミン、必須アミノ酸、必須脂肪酸などたくさんの成分が含まれています。この記事ではその中からテルペンを取り上げています。テルペンは特有の香りや苦味を持つ成分で、ガムなどに入っているメントールもテルペンの一種です。

大麻が医学界に対して見せた最も重要な貢献は、エンドカンナビノイドシステムの発見と理解に役立ったことでした。エンドカンナビノイドシステムの発見は、医学界全体に通じ、痛みや疾患を治療するために体内のエンドカンナビノイドを利用することを専門にする医師もいます。

次に重要な大麻による科学への貢献は、薬としてのアロマ(テルペンという形で)に関するより深い理解が得られたことです。大麻濃縮液は、アロマセラピーがなぜ非常に強力な治療法なのか解明するのに役立ちました。例えば、ミルセンと呼ばれるテルペンは脳血管関門を通過できるTHC量を増加させるという証拠があります。ミルセンがTHCに関してそのような効果を持つなら、他の薬剤の有効性も向上できる可能性があります。

濃縮液製造業社は「ピュアな」製品を開発するために、トリコームからTHCやCBD、その他カンナビノイドを削ぎ落としてきました。分離されたこれらの化学物質は私たちに多くのことを教えてくれました。THCやCBDは単体の時はそれほど興味深い物質ではありません。しかし、テルペンが加わると、間違いなくずっと興味深いものになります。一部のテルペンはTHCやCBDと全く同じ受容体に結合することによって、体内のエンドカンナビノイドシステムと相互作用することができます。さまざまな割合のテルペンとカンナビノイドの混合こそが、私たちが大麻から引き出す幅広い効果を作り出しているのです。例えるなら、THCは真っ白なキャンバスでテルペンを使って色を塗るようなイメージです。

これはアントラージュ効果と呼ばれる効果のことで、カンナビノイド単体ではなく複数のカンナビノイドやテルペンを一緒に摂取したときに得られる相乗効果のことです。

ここでは最も一般的なテルペンの一部とその役割を紹介します。

リモネン

柑橘系果実のような香りで、広範囲に及ぶ大麻の効果に貢献しています。リモネンが豊富な大麻を摂取すると、ストレス緩和、気分の高揚、活力の回復が促進される傾向にあります。

ミルセン

豊かな土またはクローブのような香りです。ミルセンはクッシュ(と呼ばれる大麻品種)の中に不可欠なテルペンの一つです。またミルセンは脳血管関門を通過できるTHC/CBD量を増加させます。

ピネン(アルファ&ベータ)

ピネンは松またはローズマリーのような香りがします。ピネンの香りは記憶力に役立つとされています。

リナロール

リナロールはかすかにラベンダーのような、花のような香りがします。これはリラクゼーションや幸福な感情を促進する「落ち着き効果」のアロマです。リナロールはコットンやリネンにも含まれているので、ジーンズや温かいタオルの香りがとても心地いのはリナロールのせいかもしれません。

カリオフィレン

カリオフィレンは胡椒のような香りで、CBDやTHCと同じように神経系にあるCB2受容体に直接的に結合します。カリオフィレンとカンナビノイドを組み合わせることで大麻喫煙時に時々起こる被害妄想の感覚を抑制することができます。

このようにテルペンにはさまざまな香りや作用を持つものがあります。一般的に香りによるリラックス効果、血圧を下げる、抗炎症効果など、テルペンだけでも優れた健康効果があるので、積極的に取り入れたい成分ですね。

CBDアイソレートなどの製品はCBDの純度が99%に近いので、「CBDだけを取り入れたい」という方向けですが、テルペンが含まれていないのでアントラージュ効果は期待できません。テルペンとCBDなどのカンナビノイドによるアントラージュ効果を得るには、ヘンプから抽出した後に分離などの処理をしていないCBDオイルを使用することをお勧めします。

テルペン成分が豊富に含まれているCBDオイル製品をご紹介します。

ヘンプCBDオイル ドロップス 300mg Cannabidiol(3%)

エンドカ社のヘンプCBDオイル商品は初めての方向けで、10ml容量でカンナビジオールが300mg含まれているタイプです。
テルペンも豊富に含まれている製品なのでCBDオイルを試してみたいという方にオススメです。

ロウヘンプCBDオイル ドロップス300mg CBD+CBDa(3%)

エンドカ社の製品でロウという名前がついているCBDオイル製品は、必ずCBDとCBDAという成分が含まれています。
CBDA成分は、カンナビジオール酸というAcid(酸)を意味しており、もぎたてのカンナビジオールを意味しています。
一説によるCBDA成分の方が癌細胞などの死滅に効果的とされているという説があります。

RSHO・スペシャル ブレンド CBDオイル

最大手ヘンプメッズ社製のCBDオイル。このタイプを試してみましたが非常に効果を感じられる製品です。
お試しでも高濃度なCBDオイル製品をお探しの方はこちらの製品が絶対オススメです。1gに驚異の380mgのCBD含有。
これでCBDオイルの効果を感じられなければ継続する価値はないとまで言い切れる信頼できる製品!

ヘンプCBDオイル 200mg(20%) 1g

エンドカ社からも高濃度CBDオイルが発売されています。ヘンプメッズ社に1gあたりのcbdの含有量は引けを取りますが、効果は抜群です。テルペン成分が含有されているcbdオイル製品の特徴は黒色というか茶色というか、そんな色をしています。
そして何と言っても美味しくない。けど、体もこと思えば全然苦にならない程度のものです。

参考:HighTimes

 - CBDオイルについて, CBDオイルの効果, CBDオイルの効能, 全て , , , ,