COCO SINSERE

医療大麻とCBDオイルの情報配信サイトSINSERE-シンシア-

*

カンナビジオール(CBD)と注意欠陥障害(ADHD)の関係性

      2017/08/09

カンナビジオール(CBD)と注意欠陥障害(ADHD)

注意欠陥障害(ADD)および注意欠陥多動性障害(ADHD)を持つ人は、何かの作業を完了させなくてはならなくなった場合、その作業を成し遂げることに対してハンディキャップを持ちます。
ADDやADHDの患者は注意力や集中力を保つことが難しいため、学習と生産性の場であるはずの教室や職場が、欲求不満の場所に変わってしまう場合もよくあります。
他の人々は、多くの場合、ADDやADHDの患者に対して行動パターンを変更するように促します。
しかし、残念ながら、問題はそれほど単純ではありません。

ADD / ADHDは、より深い問題、脳内の化学的不均衡に起因しているのです。
米国の学校の子どもたちの11%は、ADD / ADHDと診断されており、さらに多くの診断未確定の子どもたちがいます。一部の子供たちは、成長すると、これらのADD / ADHDから「脱皮」することができます。
それでも、ADD/ ADHDは成人の4.4%に影響を与えています。

ADD/ ADHDの患者には、衝動、怒りの爆発、乏しい組織力、低い自尊心、および慢性的倦怠の傾向があります。
症状は人間関係を緊張させ、仕事指向的環境で遅れを引き起こします。また、他の精神疾患の発症の危険性は、通常の6倍にまで増加します。

CBDがADD/ ADHDに与える影響

多くのADD/ ADHDのケースでは、根底にある原因として、コルチゾールレベルの高さとドーパミンレベルの低さがあげられます。
CBDの使用により、コルチゾールのレベルを減少させ、脳内のドーパミンのレベルを増加させることができるため、ADD/ ADHDの症状が緩和されます。

CBDと不安に関する研究

CBDとADHD(注意欠陥障害)との間の関連性を支持している科学的研究はますます増加しています。
ここでは、その中でも代表的なものをご紹介します。

論文1
注意障害とCBD研究:注意欠陥·多動性障害(ADHD)のサブタイプと大麻(カンナビス)の使用
Loflin M1, Earleywine M, De Leo J, Hobkirk A.
Subst Use Misuse. 2014 Mar;49(4):427-34.

*この研究では、注意欠陥/多動性障害(ADHD)のサブタイプと現在の2811名のユーザーサンプル内の大麻使用との関連を調べました。
データは、大麻ユーザーに関する米国の国民調査から、2012年に採取しました。

大麻を使用しないのに現れるADHDの症状について尋ねたところ、通常大麻を利用している患者の場合は、不注意サブタイプと比べて多動性・衝動性の症状に含まれるサブタイプのADHDの診断のための症状の基準を満たしている割合が高く見られました。
非日常のユーザーの場合、症状の基準を満たすユーザーの比率は、サブタイプによって異なることはありませんでした。

これらの結果は、ADHDの個人が大麻の使用による自己治療で治療しやすい可能性があるサブタイプを特定できるということを意味しています。
さらに、これらの知見は、調節制御に関連するカンナビノイド受容体に関する研究を間接的に支援することにもなります。

論文2
局所脳血流量に対するカンナビジオール(CBD)の影響
Crippa JA1, Zuardi AW, Garrido GE, Wichert-Ana L, Guarnieri R, Ferrari L, Azevedo-Marques PM, Hallak JE, McGuire PK, Filho Busatto G.
Neuropsychopharmacology. 2004 Feb;29(2):417-26.

*動物およびヒトの研究により、カンナビジオール(CBD)が抗不安特性を持つ可能性が示唆されていますが、これらの効果が、どのように一元的に媒介されているのかについては明らかになっていません。
本研究の目的は、このことに関して、機能的神経イメージを用いて調査することでした。

10人の健康な男性ボランティアを、ランダムに5人の被験者の2つのグループに分け、(99m)Tc-ECD SPECTを用いて、安静時の局所脳血流量(rCBF)を測定しました。
各被験者について、1週間間隔で二度、測定を行いました。 

最初のセッションでは、被験者は二重盲検手順で、CBD(400 mg)、またはプラセボの経口投与を与えられました。SPECT画像は、薬物摂取後90分に取得しました。
主観的気分の状態を評価するために視覚的アナログスケールが適用されました。
第二セッションでは、1回目のセッションで投与されていない薬剤を使用して同様に行われました。

条件の違いによる被験者内でのrCBFを統計的パラメトリックマッピング(SPM)で比較したところ、プラセボ投与は有意な変化を誘導しなかったのに対し、CBD投与は大幅に主観的な不安を減少させ、精神的な鎮静を増加させました。
CBDの抗不安効果があった脳領域の測定により、有意にECDの取り込みが減少していることを示す2つの3次元のクラスターを予測できました。

本研究の結果では、CBDは、有意に主観的な不安を減少させ、精神の鎮静を高めました。これらの結果は、CBDは、抗不安特性を有しており、その効果は、大脳辺縁系と傍辺縁系領域への作用によって媒介されることを示唆しています。

論文3
カンナビジオールは、治療未経験の社会恐怖の患者における、模擬演説によって誘発される不安を減少させる
Bergamaschi MM1, Queiroz RH, Chagas MH, de Oliveira DC, De Martinis BS, Kapczinski F, Quevedo J, Roesler R, Schröder N, Nardi AE, Martín-Santos R, Hallak JE, Zuardi AW, Crippa JA.
Neuropsychopharmacology. 2011 May;36(6):1219-26.

*一般的な社会不安障害(SAD)は、社会生活の中で障害となる、最も一般的な不安条件の一つです。
カンナビスサティバ植物の主要な非精神性化合物であるカンナビジオール(CBD)は、ヒトおよび動物において抗不安作用を示すことが知られています。

それぞれ12人ずつの、健康な対照(HC)の患者とCBDまたはプラセボの単回投与を受けた治療経験のないSAD患者において、模擬演説テスト(SPST)の効果を比較することを目的として、予備的研究を行いました。
視覚的アナログ気分スケール(VAMS)、負の自己ステートメントスケール(SPSS-N)および生理学的尺度(血圧、心拍数、皮膚コンダクタンス)における主観的評価は、SPST中の6つの異なる時点で測定しました。

その結果、事前にCBDを投与することにより、スピーチの実行の際の不安、認知障害、および不快感を著しく低減させ、スピーチの予測に対する警戒を有意に減少させました。
VAMSの評価では、対照群と比較した場合、プラセボ群で、不安、認知障害、不快感、および警告に関して高いレベルを示しました。
SPSS-Nのスコアまたは認知障害、不快感、およびVANSの警告の要因において、CBDとHCの間で有意差は見られませんでした。
SADの被験者におけるSPSTによって誘発される不安の増加は、CBDの使用により減少し、 HCと同様の応答が得られました。

 - CBDについて , ,