HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

マリファナについて

医療大麻を摂取するという行為も嗜好品のマリファナを摂取するという行為もいずれかの方法で大麻草を吸引する必要性がある。

マリファナの摂取方法とは

嗜好品のマリファナを摂取方法で一番ポピュラーな方法がジョイントという言われる巻き煙草にして吸引する方法である。その次は、パイプや水パイプ(別名はボング)でマリファナを吸引する方法だろう。

他にはヴェポライザーと呼ばれるマリファナを気化して吸引されるための器具がある。これは医療大麻用に開発されたものの、老若男女問わず欧米では人気が高まっている。

基本的な摂取の方法としては吸引が好まれる傾向にあるのは、摂取した後にマリファナの効果を感じることができるからであるのだが、その結果ユーザーは比較的簡単に摂取量を加減でき、理想的な酩酊状態になるまで、少しづつ何回にも分けて吸引することができる。これは居酒屋でお酒を飲む行為に似ており、酒を飲む人が、徐々にアルコールを摂取するのと同じである。

ジョインともパイプもボングでも、肺に有害な煙を送り込んでいることに変わりはないのだが、一般に信じられていることと違って、水パイプを使ったフィルタリングシステムの主な役割はマリファナの煙を冷やすことであって、マリファナを燃やした結果生じる有害な副産物を除外するのにはあまり効果がない。

新たな器具ヴェポライザー

事実ある研究によれば、ボングはフィルターを通さないジョイントに比べ、それぞれのカンナビノイドにつき30%多くタールを生成する。その結果、マリファナユーザーの中にはヴェポライザーに切り替える人もいる。ヴェポライザーは、カンナビノイドを蒸気で熱するが燃焼することはない。温度調整をすることにより、蒸気で煙を吸引できる装置なのだ。最近のアイコスなどのタバコを想像するとわかりやすいだろう。

前述にも触れたようにそもそもヴェポライザーを活用する人は、マリファナの効果を素早く感じつつ、咳、喘息、気管支炎などといった呼吸器官への危害の多くを防ぐことができる。医療大麻を摂取する人用に開発されたものなのだ。

マリファナを吸引するのではなく、クッキーやキャンディーと混ぜ合わせ、経口摂取する方法もあるのだ。これは欧米諸国で盛んである。マリファナをタバコのように吸引する場合と異なった感じで精神活性効果があるから人気なのかもしれない。

食べ物にマリファナを混ぜる

食べ物にマリファナを混ぜると即効性という意味での効果はほぼなく、体内の胃からカンナビノイド成分を吸収するため、個人差はあるものの1時間程度の時間を要することが多い。しかし、胃からの吸収されたカンナビノイドの持続性は、5時間程度も続くのが普通である。

これは私たちの身体がTHCを代謝する仕組みによるものである。マリファナを喫煙した場合、THCは肺から血中に、そして脳への急速に移動する。それに対し、マリファナが経口摂取されると、脳に到達する前にTHCを含む別の化学物質が生成されるのだ。

その結果、身体的・精神的効果はともに増幅するのだ。勿論、効果が長時間継続するのを好むユーザーもいる。お酒を飲む人の中にも度数の低いビールやワインよりも強い酒でしたたかに酔っぱらうことを好む人がいるのと同じだ。そうでない人、特に経験の少ない人は、吸引よる穏やかな効果を好む人が多い。

医療大麻の患者は、ほとんどが合法の経口薬マリノールよりもマリファナを吸引することも好む。マリノールは酩酊状態になりすぎるからである。それに加えて、人口のカンナビノイドより天然のマリファナの方が効果があることを摂取している人が一番よく分かっているのだ。

まぜマリファナを吸うのか?

政府の統計によると、一億近いアメリカ人がマリファナを試した経験があり、2500万人は過去1年間に真理ファンを使用しているそうだ。いったいアメリカ人はなんのためにマリファナを吸い、法を犯し、それでもハイになりたい思いとはどういうものなのだろうか?

アメリカ国内のマリファナ喫煙者が多種多様で、人種も社会経済的背景もさまざまなのだ。統計的には、18歳から25歳までの白人男性が多いことがわかっている。アメリカ前大統領のオバマ氏は若いときにマリファナを吸ったと公の場で発言している。彼だけが例外なのではなく、最高裁判事のクラレンス・トーマス氏、副大統領のアル・ゴア氏、そしてカルフォルニア州知事のシュワルツェネッガー氏らはみな、これまでにマリファナを吸ったことがあると認めている。

有名人やスポーツ選手や芸能人、歌手など名前をあげたらきりがないが、日本人がお気に入りの芸能人はほぼ使用者である確率が非常に高い。最近では線維筋痛症と診断され休養を発表したレディー・ガガなどはマリファナの愛好家だとラジオで名言している。オランダ講演ではステージ上でマリファナを吸って観客を沸かせたことがクローズアップされたのをご存知だろうか。

実際、2007年のニューヨーク・タイムズ紙が行った調査では、プロ・バスケット選手のうち、マリファナを常用的に使用しているのは70%にのぼるのではないかと推測しています。最近でもNBA選手が大量のマリファナを所持していたり、販売目的で逮捕される選手なども実際に存在します。

日本で知人がマリファナを愛好している人は少ないと思うのだが、アメリカなどでは休日映画を観る際などにマリファナを吸引している楽しむなどの人も多く存在する。

マリファナ使用者は以外にも経済的に成功している?

誰もが首を傾げたくなるような統計が出ているのをご存知だろうか。マリファナは麻薬の登竜門としていつも揶揄され、敬遠されてきたが実際はマリファナ使用者は学問的にも経済的にも成功している人が多いのだ。

マリファナを摂取する量と給与の上昇には関連があると報告する研究が少なくとも一例はあるのだが、ヴアージン・アトランティック空港のリチャード・ブランソンや自動車保険会社プログレッシブの創業者ピーター・ルイス、ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグなどの億万長者など一例に過ぎないがいるのも事実。

マリファナを幼少期に摂取した場合、学業などの成績に影響されるなどの研究報告はあるものの、18歳以上の成人がマリファナを使用したからといって学問成績や仕事などに通常影響されないことがないが指摘されている。

マリファナを娯楽目的で使用するのは特段理由があるのか?

誰もが政府や法律でダメ!絶対!と言われれば逆の心理がはたらく気持ちは分からなくもない。麻薬に分類はされてはいるが、マリファナを支持する人は世界にたくさん存在する訳だし、人によってはカフェインと同等の依存性であるから特段麻薬というカテゴリーに決めつけるのはおかしいという主張さえある。

今年カナダは嗜好品大麻を解禁に踏み切る動きがある。その背景にマリファナ使用者を対象になぜマリファナを吸うのか?というインタビューをカナダのアルバータ大学が男女に行ったのである。

そこで判明したことにある意味驚くには当たらない理由があったのだ。娯楽目的でマリファナを使用する成人の大部分が『リラックス効果』を目的とするためだと答えたのだ。

マリファナを摂取することによりリラックスし、集中力が高まり、プライベートタイムを楽しく、気持ちのよいものにしてくれるからこそが、嗜好品大麻を吸う目的であるのであれば、一般的な人がお酒を飲む感覚に同じなのではないかと思う。

一番気になるのがマリファナを自身の集中力を高めるために使うという回答は意外であった。マリファナは酩酊状態、つまりハイになるのだから集中とは対極な感じがするのだが、マリファナにはそういう効果もあるのだろうか。

アルコールを飲んで集中力を増した経験があるか記憶をたどってみるが、友達との会話を集中して聴けたなどの感覚に近いのかなと想像したりもする。

当たり前に飲んでいるアルコールがもたらす効果もリラックス、プライベートで友達などと楽しく過ごためのツールであるわけであって、疾患にも効果があり、仕事もプライベートも充実するのであれば法律を見直すことも重要なのではないかと考える。

公開日:
最終更新日:2017/12/14