HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

大麻とカンナビノイド(がん用語辞典)—健康専門バージョン

      2017/08/04

概説
このがん情報要約は、がんまたはその治療によって引き起こされる、がんに関連する症状を持つ人々に対する治療としての大麻使用およびその構成要素の概説を提供します。

本要約は以下の重要な情報を含みます。

・大麻は数千年にわたり医薬用として使用されてきました。
・連邦法により、認可された研究の場を除いてアメリカにおける大麻の所持は違法です。
しかし、州、地区およびコロンビア特別区など、大麻の医療使用を合法化する法案を成立させる州の数が増加してきました。
・食品医薬品局は、がんまたはその他病状に関する治療薬として大麻を認可していません。
・カンナビノイドと呼ばれる大麻の化学化合物は、体内の、特に中枢神経系および免疫系において、特定の受容体を活性化し、薬理効果を生み出します。
・ドロナビノールおよびナビロンなど市販のカンナビノイドは、がん関連の副作用の治療に対して認可された薬です。
・カンナビノイドはがん関連の副作用の治療において効果を発揮する可能性はあります。

本要約において使用される医学的および科学用語の多くは、一般の人に向けた国立がん研究所のがん専門用語辞書にリンク(各段落の最初の文字に)するハイパーテキストになっています。
リンクのついた単語をクリックすると、別ウィンドウに定義が表示されます。

PDQ(がん用語辞典)がん情報要約における文献引用は、特定の治療または製品の使用をマーケティングまたは推奨することを目的とした個人および機関が運営する外部サイトにリンクしている可能性があります。
これらの文献引用は情報提供のみを目的としています。
これは、PDQ総合、代替および補完医療編集委員会または国立がん研究所によってそれらのウェブサイトの内容を支持すると見なされるべきではありません。

追記:2017年4月7日
国立がん研究所ウェブサイトのほとんどの文章は自由に複写、再利用することができます。
国立がん研究所は情報源として明記されなければいけません。
政府外の個人によって書かれたブログ記事はその筆者が所有すること、グラフィックはそのクリエイターが所有することに注意してください。
そのような場合、再利用の許可を得るために著者、アーティスト、または出版者に連絡を取る必要があります。

出典:NATIONAL CANCER INSTITUTE

 - CBDについて, 全て, 医療大麻について , ,