COCO SINSERE

医療大麻とCBDオイルの情報配信サイトSINSERE-シンシア-

*

医療大麻がどう使用されているのか?

      2017/08/04


[日本語字幕]医療大麻ガイドライン-医療大麻先進国イスラエルBOL–医療用大麻(マリファナ… 投稿者 jyonasan1957

イスラエルでは医療大麻が解禁されているため、このような使用ガイドラインの動画があるようです。

医療用大麻(マリファナ)はどんな影響を与えるのか?

医療大麻について以下のことが研究で示唆されている。
医療大麻(マリファナ)は痛みを緩和し、睡眠を助け、筋肉をリラックスさせ、食欲を取り戻し、吐き気を取り除くことができ、医療大麻は消炎作用を持ち、全体的に気分を高めてくれる効果や効能があるようだ。

医療大麻従事者は、それぞれの患者さんに合った大麻草を見つけ出し、適用を見つけることを一緒にサポートする仕組みがあるようだ。
それぞれの大麻草はバラバラの個性や特性を持っているようで、一人一人の患者さんに異なる形で作用(効果)することがわかっている。

医療大麻は時に最初の数回で効果や効能を実感することができない方もいるようで、医療大麻に慣れるまでは2週間前後の期間がかかるようだ。
患者さん自身の身体が医療大麻のカンナビノイド物質に適用するまで待つことが必要なようだ。
初歩段階では、最小の摂取量から始め、徐々に少しずつ増やして最適な効果を得る摂取量を個別に計測している。

医療大麻の適量はどのくらいなのか?

やはり医療大麻の適用は、患者さんによって異なるようだ。インストラクターが適用を見つけるための方法をサポートしている。指示されたように最小の容量から始めることが重要である。
最初の1週間は、最小の容量の医療大麻を1日3回摂取することが推奨されていて、それ以降は必要な適用量だけ摂取する。
治療中は、自身の身体の反応と身体全体の感覚に気を配ることが大切なんだとインストラクターは言う。
治療を続けていく上で、医療大麻の摂取記録をつけていくことが最善な方法で、明らかな不快感があった場合は、摂取量を減らすなどの処置を施しているようだ。

医療大麻の摂取方法とは?

座りながら医療大麻を摂取するのがベストなんだとか。医療隊を摂取する前には何か甘い物を飲食して、医療大麻の摂取中は冷たい水を飲むことが良いとされている。
糖尿病患者は、冷たい砂糖不使用の飲み物を飲むべきなどの補足などをつけくわえられているようだ。

医療大麻の摂取方法には3種類ある。

1.気化されたものを吸引する(ヴェポライザー)
2.喫煙(大麻シガレット)
3.オイル(大麻オイル)

上記の種類から患者さんが摂取方法を選んでいるようだ。

1,気化された医療大麻を吸引する方法は、非喫煙者に強くおすすめな方法。
また、気化吸引方法は健康に悪影響を及ぼさない点などで好まている。
蒸気はヴェポライザー器具を使って作り出す仕組み。
ヴェポライザーは大麻草を約180℃まで熱し、大麻の有効成分が燃焼されることなく抽出され、血流に入る。
大麻草の蒸気を吸っても、患者の健康が損なわれることはないのだとか。
30秒以内に素早く効果が現れ、摂取するのも簡単であり、効果的かつ経済的。
この摂取方法は、非喫煙者に最適な方法との説明がある。
ゆっくりと深く長い呼吸をし、快適な状態を保ったまま、上記を可能な限り長く肺に留めておくのが良いそうです。

2.喫煙は最も一般的な医療大麻の使用方法です。

聞かされた医療大麻を吸引する方法と同じように、有効成分は肺を通じて血流に入っていきます。
効果は素早く現れ、とても簡単に摂取できる。
煙草と大麻を混ぜて摂取することは絶対に控えた方が良いとの記載があります。
専用の巻紙があり、巻紙に大麻を乗せてうまく包み込むような形態でタバコのように火をつけて摂取する。
口笛を吹くように唇をととがらせて、大きく煙を吸い込み、ヴェポライザー同様に肺に留めておくのが良いそうです。

3.大麻オイルには様々な濃度や、様々な成分があるようだ。

大麻オイルは舌の下(舌下)に数滴落とすことによって、素早く効果滴に血流に吸収される。
大麻オイルを一気に飲み込まずに舌下に留めておくことがポイントのようだ。舌下で大麻オイルを浸透させることで効果を最大限に引き出す。
大麻オイルは摂取してから20分から45分後に効果が現れる。一回大麻オイルで4時間から6時間ほど効果が持続するようだ。

医療大麻(マリファナ)の効果への対処方法は?

喫煙あるいは気化という形で摂取した場合、30秒ほどで効果が現れるが、大麻オイルは20分から45分後に効果が現れるという違いある。
最も重要なことは、悪い体験をしたとしてもパニックにならないことが重要であるようだ。
副作用があったとしても2時間から3時間で症状は消えていくようだ。

つまり、ここで言う悪い体験というのが酩酊状態を指しているのだと推測させる。
2週間の身体及び精神の適応期間は、少しだけグラグラするかもしれないが、これはよくあるのだとか。
楽になるまでは、足を高くして座るか横になるのをおすすめしている。
もしも、不安になったり神経質になったり、緊張したとしても、心配することはないと担当医師は言う。
大麻によって毒されることはなく、それらの悪い症状も長くても数時間程度で収まる。
この悪い症状を軽減する方法は、医療大麻治療を少ない用量で始めて、少しずつ軽減すること。
担当医師に相談すれば、医療大麻の種類を変えたりし、調整をしてくれるらしいです。

どこで医療大麻(マリファナ)を保管しますか?

大麻は乾燥した冷暗所で保管し、花の部分を密閉容器の中に保管するのがいいのだとか。
大麻オイルは冷蔵庫に保管する方法がおすすめです。

動画を観て大麻とは不思議な成分なんだなという感想が率直なところである。
痛みを緩和するということにフォーカスされた使用ではあるものの、今後の研究が進めば難治性などの疾患を患っている方などの救いになる可能性が非常に高い。

日本では医療大麻の問題は、常にシビアに取り扱われているため、そう簡単に解禁されるはずがないとは思っている。
現在否定されている方も早かれ遅かれ病気にかかり、毎日病と戦う日々が必ず来る。。。
そんな時にどうすることもできない痛みと戦わざるを得なくなった時にどういう感情になるのか?
必要としている方がいるのであれば、解禁以前に研究を行う必要性があるのではないでしょうか。

 - ドキュメンタリー動画, 全て, 医療大麻について, 医療大麻の投与について ,