COCO SINSERE

医療大麻とCBDオイルの情報配信サイトSINSERE-シンシア-

*

欧米を中心に「医療大麻」が注目されている理由。がん治療にも効果あり!?

      2017/08/03

米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという欧米諸国の研究発表をまとめたもの。
今日、医療現場において使用される大麻の有用性を改めて人々に伝えようとしています。
アメリカではここ数年、マリファナ合法化の動きが加速し話題となっています。
快楽目的の嗜好品という観点ばかりに目が行きがちですが、病気の治癒にも大麻の薬理作用が活かされているといのは、意外と知られていない事実では?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-12-20-22

近年、アメリカだけでなく多くの国で、医療大麻を合法化する動きがあります。
ウルグアイの議会は2013年、世界で初めて法的麻市場を認める投票を行い、いまや市場は活気を帯びています。

大麻の健康上の利点は、複数の科学的研究で明確になってきており、これは私たちにとって良いニュースであることには変わりありません。
しかし、本当に有害な影響はないのでしょうか?
大麻の摂取による心理的効果を計るには、おもに「仮定」「提案」「観測」に基づいて調査が行われます。
「The BrithshJournal of Psychiatry」の研究結果を見てみると、“負の効果”を確認することが困難なほど、大麻のメリットばかりが書かれています。

【がんと大麻を結びつける化学物質「カンナビノイド」】
大麻とがんの科学的背景を見ていくと、広範囲の病気に有効であることが証明されています。
ここでは、「医療大麻」のがん治療における有効性に焦点をあてて紹介していきます。

化学物質の「カンナビノイド」は、がん治療における非常に有効な物質であることが研究で分かってきました。
この物質は、健全な体内環境を作り出すのに役立ち、免疫系の生成および、再生成において大きな役割を発揮します。がん治療や、がんの副作用に対する治療に大変有益であることが分かってきました。

このカンナビノイドが大麻も含まれているのです。
免疫系の再構築に多大な影響を与えるカンナビノイドの働きにより、がん細胞を減少させることが証明されました。
実際に臨床の場で、多くの患者が医療大麻を使用し、短時間でがんを減少させることに成功しています。

ある医療大麻の研究者によれば、吸引するよりも実際に大麻を口から摂取する方が、はるかに治療に効果的であることを述べています。
以下は、がんに対する有効な治療手段として、示唆している20の研究を紹介します。

【脳腫瘍への医療大麻のアプローチ】
イギリスのがん研究誌「British Journal of Cancer」に掲載されたスペイン・マドリッドのコンプルテンセ大学の研究では、カンナビノイドが脳腫瘍の増大を阻止する働きがあることを発表しました。
カンナビノイドの抗腫瘍作用を評価することを目的とした、世界初の臨床試験です。この試験により、9名の患者のうち2名の腫瘍細胞の検証に成功しました。

また、神経科学誌「The Journal of Neuroscience 」に発表された研究でも、進行する神経変性疾患における生化学的事象を検証。
THC(マリファナの主な活性化合物)がマウスの神経損傷を減少させることが発見されました。
この研究の結果は、カンナビノイドシステムが神経変性に対して、脳を保護するのに有益であることを立証したものです。

さらに、薬理学および実験治療学会誌に掲載された研究では、すでにカンナビノイドが、抗腫瘍特性を有している事実を認めています。
この研究は、脳の神経細胞を支える神経膠細胞に対するカンナビジオール(CBD、非精神活性カンナビノイド化合物)の効果を調べたもの。
カンナビジオール(CBD)の添加は、神経膠腫細胞の生存率の劇的な低下をもたらしました。
カンナビジオール(CBD)が有意な抗腫瘍活性となっている事実を結論づけたと言えます。

この他、分子がん治療学の学会発表では、脳の腫瘍は現在の抗がん治療に、非常に耐性があることを指摘しています。
それは、脳腫瘍を患らっている患者の術後の経過を改善することを目的とし、新たな治療戦略を発見することを重要視したもの。
この研究はまた、脳腫瘍の中でも最も発症頻度の高い、多形性膠芽腫における腫瘍活性の逆転を示しました。

【乳がんの増殖を防ぐ効果が大麻草に!?】
カンナビジオール(CBD)が、乳がん細胞の増殖と広がりを阻害することの証明が、米国国立医学図書館が発表している「 California Pacific Medical Centre」が行った研究で発表されました。
この研究では、カンナビジオール(CBD)が著しく腫瘍塊を減少させることも実証しています。

薬理学の学会誌に発表された研究でも、THCならびにカンナビジオール(CBD)が劇的に乳がん細胞の増殖を減少させることが明らかに。
研究者らは、これらの化合物の効力および有効性を実験によって証明してみせました。

「Molecular Cancer」が伝えた研究結果は、THCが腫瘍の増殖及び腫瘍数を減少させたことを示しました。
また、カンナビノイドは、がん細胞の増殖を防ぐだけでなく、がん細胞自体の自然死を誘導することも同時に証明されています。

この研究は、乳がんによるカンナビノイドベースの治療法の新たな指針となりました。
アメリカの科学アカデミー「PNAS」の議事録を見ると、カンナビノイドが乳がん細胞の増殖を阻害することを証明しています。

【肺がん治療にも医療大麻が特効薬】
ハーバード・メディカルスクール医学部が、がん遺伝子ジャーナル「Oncogene」で報じた研究では、THCが肺がん細胞の移動を阻止することを証明。
THCは特定の肺がんの増殖、および転移を制御する新規治療分子として検討されるべきであると述べるています。

毒物・薬理学からも、カンナビノイドの抗がん効果が発表されています。
ドイツの一般外科で肺がん患者からの腫瘍細胞にカンナビノイドが働きかけ、がん細胞の転移を阻止することをデータ上証明されたことを伝えています。
さらに、ハーバード大学医学部が肺がん細胞におけるカンナビノイド受容体の役割を調査。
結果は、その有効性を示し、肺がん細胞に対する治療のために使用されるべきであることを示唆したものに。

【前立腺がんにも効果的?求められる臨床試験】
米国国立医学図書館に発表された研究は、カンナビノイド受容体を介して作用することにより、前立腺がん細胞の減少を示しています。
このほか、前立腺がんの大麻の有用性を証明する研究はさかんに行われ、2012年に発表された英国の学会誌では、前立腺がんに対するCBDの臨床試験が必要不可欠である、という認識に研究者たちは至ったようです。

【血液がんを抑え悪性細胞を死滅させる】
分子薬理学研究の「Molecular Pharmacology」誌は、カンナビノイドが、悪性リンパ腫のひとつマントル細胞リンパ腫の成長を食い止め、悪性細胞の自然死へと導く効果を紹介しています。
さらに、「International Journal og Cancer」に発表された研究によると、カンナビノイドは様々なタイプのがんおよびマントル細胞リンパ腫における、抗増殖および自然死促進効果を発揮することが分かってきました。
バージニアコモンウェルス大学の薬理学および毒物学の部門によって行われ、米国国立医学図書館に発表された研究は、カンナビノイドが白血病細胞の自然死を誘導することも証明しています。

【口腔がん・肝臓がん・すい臓がん あらゆるがん細胞を大麻草が撃退】
口腔がんに大麻がどのように治癒影響するか?
カンナビノイドが細胞呼吸を強力に阻害する役割を果たし、悪性度の高い口腔腫瘍に対抗する効果を示すことを、ニューヨーク州立大学の研究が示しています。

また、肝臓がんへのアプローチも。
米国国立医学図書館によって発表された研究は、THCが肝細胞がんの体内での生存率を減少させることを証明し、それらの成長を減退させる結果を得ました。

「American Journal of Cancer」に掲載された、コンブルテンセ大学研究者らの論文では、カンナビノイド受容体がすい臓腫瘍細胞において、正常なすい臓組織よりもはるかに高いレベレルで自然死を誘発していることが示されました。
ここでも、腫瘍細胞の増殖を防ぎ、すい臓腫瘍細胞の広がりを阻止していることが明らかに。

出典 : tabi-labo

 - CBDについて, 全て, 医療大麻について