HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

CBDの誤解について

      2017/10/30

それは、気分を高揚させるものではない。
しかし、医学者と患者の間で大きなざわめきを引き起こしている。

昨年、カンナビジオール(CBD)(重要な治療特性を併せ持つ非中毒性のカンナビス合成物)への関心の高まりが見られた。
多数の新規事業者とネット上の小売業者は、産業用の麻からとれるCBDを売り込むという大きな時流に乗った。
それは決して酩酊することなく腫瘍縮小や発作の沈静そして慢性疼痛に効く奇跡のCBDオイル。
しかし、潜在的な健康補助製品としてのカンナビジオールの認識が向上するにつれ、CBDへの誤解が激増していった。

1.「CBDは、医療。THCは、気晴らし」
CBDプロジェクトは世界中から多くの問い合わせを受けると、追究しているのは植物における「CBDの医学的な部分」であると言う。
気分を高揚させるTHC(気晴らしの部分)ではない、と。

実際には、THC(「気分を高揚させる原因主」)には素晴らしい治療特性がある。
THCがβアミロイドプラーク(アルツハイマー病関連痴呆の顕著な特徴)の形成に関する酵素を抑制する、とサンディエゴのスクリップス・リサーチセンターの科学者は、報告した。
連邦政府は単一分子THC(マリノール)を制吐合成物と食欲促進剤に承認し、乱用の可能性が少ない医学物質に分類されるスケジュール III薬物とみなす。
しかし、全植物マリファナ(天然のTHC)は、医学的価値のない危険なスケジュール I薬物として分類されている。

2.「THCは、悪いカンナビノイド。CBDは、良いカンナビノイド。」
麻薬戦闘員たちの戦略的な退却:THCを悪の存在とする一方で、CBDに歩み寄る。
頑固なマリファナ製造販売禁止論者は、悪いカンビノイドとしてテトラヒドロカンナビノールからなる高THCカンビナスを一層貶めるために、CBDの良い情報を利用する。
CBDは良いカンビノイドとして作られるがゆえに。

なぜか?
CBDは、THCのように気分を高揚させない。
CBDプロジェクトは、この道徳主義と全植物カンナビス療法に味方するマリファナ狂気の二分法を分類上は拒絶する。

3.「CBDは、THCなしで最大の効果を発揮する」
THCとCBDは、ともに最大限に機能する―カンナビス混合のパワーカップルである。
科学的研究によるとCBDとTHCはお互いに治療の効果を拡大すべく相互作用することを立証した。
英国の研究者は、CBDが大腸炎の動物モデルでTHCの抗炎症性特性を強化することを示した。

サンフランシスコのカリフォルニア太平洋メディカルセンターの科学者は、CBDとTHCの合成物は、単独で脳ガンと乳がん細胞系の上に投与するより抗腫瘍効果を強く発揮すると断定した。
そして、広範囲な臨床研究は、CBDのTHCとの合成物は、神経障害性疼痛に対して単一分子としてよりも有益であることを証明した。

4.「単一分子は全植物医薬よりも優れている」
連邦政府によると、マリファナ植物の特定の構成要素(THC、CBD)には医学的価値がある。
しかし、植物そのものには価値がないという。

アンクル・サムの単一分子ブラインダーは、文化的で政治的な偏りを反映しビッグファーマ製品に特権を与える。
単一分子医療は、企業の有力な手法(FDA承認の方法)であるが、唯一の方法ではない。
また必ずしもそれは、カンナビス療法の利益を得る最適な方法ではない。

カンナビスは、THCとCBDに加えてさまざまなフラボノイド、芳香族テルペンと多くのマイナーなカンナビノイドを含む数百の合成物からなる。
これらの合成物にはそれぞれ特定の治療特質があるが結合の際に、科学者が全体論の「取り巻き効果」と称するものが作られる。
そのため、全植物の治療的インパクトは単一分子の集合体より大きい。
しかし、FDAは医薬品としての植物の承認は行わない。
(「科学的なエビデンス」参照。)

5.「精神活性は、本質的には有害な副作用」
麻薬戦争教書の正論によると、マリファナでの高揚は望ましくない副作用とされる。
軽い高揚した感情がなぜ病人や健康な人にとって本質的にネガティブかは明らかでないが、ビッグファーマは、高揚させることなく活性マリファナ分子を医学的に合成することに力を注いでいる。

古代ギリシャにおいて、幸福とは「健康である」ことを意味した。
カンナビスの高揚の質は、有害な副作用からかけ離れ、植物の治療的な価値に深く関わる。
「我々は、まず最初にカンナビスを医薬品として考えなければならない」と、トッド・ミクリヤ博士は言った。
「わずかな治療的特質を持つ中毒性物質というよりも、多くの薬品がそうなるように、偶然いくらかの向精神特性が発生する。」

6.「CBDは、全米50州で合法である」
麻オイルで浸したCBDを輸入する業者は、THCの含む油が0.3パーセント未満であれば、アメリカ合衆国のどこにおいても、その製品を販売することが合法であると主張する。
それほど単純ではない。
連邦法では自国農家が商業目的の麻の栽培を禁止する。
しかし、これらの製品が葉と花からでなく、種子か茎からできるなら、低THC産業麻輸入製品の国内における販売は許可される。

問題はここにある:
カンナビジオールは、麻の実をつぶして採取することができない。
CBDは、花や葉、そして非常にマイナーな範囲のみ、麻植物の茎から採取される。
CBDが麻の実と軸からなると言うと、麻オイルスタートアップの信憑性が欠落する。
議会は、規制物質法のもとに産業用の麻とCBDをマリファナの定義から免除することをすぐに可決するだろう。
国外で栽培された麻からできるCBDがアメリカ合衆国内ですでに合法だとすると、そのような法律は必要ないだろう。

7.「『CBDのみ』の法律は、患者にとって十分役に立つ」15の米国州議会は「CBDのみの」(より正確には「低THC」)法律を可決した。
他の州はそれにならうだろう。
いくつかの州は、高濃度CBD製品の原料を制限して、CBDが作用する病気を指定するが、そうでない州もある。
表面上、これらの法律は0.3パーセント未満のTHCを含む麻やカンナビスからなるオイルで浸したCBDの使用を認める。
しかし、わずかなTHCが含まれるだけの高濃度CBD療法が、誰にでも作用するわけではない。

癲癇症の子を持つ親たちは、多少のTHC(またはTHCA、未加工で非加熱のTHC)が含まれることで、多く発作抑制につながることに気づいた。
一部の癲癇患者にとっては、むしろTHC優位な特徴は、高濃度CBD製品より効果的である。

患者の大多数は、CBDのみの法律ではあまり役に立たない。
必要なのは、単なる低TCH医薬品ではなく、全植物カンナビス療法の広範囲の薬効を享受することである。
あるサイズがカンナビス療法すべてに合うわけではない。
ある合成物、ある製品、ある特徴も同様に。

8.「CBDは、CBD―どうやって作られたとしても」重要なことである。
産業用の麻の株の花頂と葉がCBD(法的な課題にも関わらず)の生存可能な原料となるものもある、麻は決してカンナビジオールの最適な原料ではない。
一般的に産業用の麻は、高濃度CBDのカンナビスよりはるかに少ないカンナビジオールを含む。
少量のCBDを採取するためには膨大な量の産業用の麻が必要である。
それにより、麻が土壌から重金属を引き出す「バイオ・アキュムレーター」となるため、有毒な汚染物質のリスクを上げる。

CBDが研究室で合成したか、抽出して、産業用の麻から精製した単一分子では、カンナビス株から見つかる重要な薬用テルペンと第二のカンナビノイドが欠乏する。
この合成物は、CBDとTHCの治療効果を増すため相互に作用する。

出典:PROJECT CBD

 - CBDについて, 全て , , ,