HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

医療大麻は自閉症やADHDの児童や10代にどう作用するのか?

      2017/12/02

医療大麻の効果や効能は、本サイトの情報で少しづつ分かってきた人も多いと思います。医療大麻で効果がある疾患に自閉症やADHDなどがあります。ここでは、今後どのような研究が必要であるか、またどのような手助けができるのかを博士の見解を紹介します。

圧倒的なデータ不足

医療大麻がますます受容されるようになってきている現在、自閉症スペクトラム障害(ASD)や注意欠陥多動障害(ADHD)といった発達過程における行動問題において、医療大麻に関心が高まっている。Developmental & Behavioral Pediatricsジャーナル誌上が伝えた。

これは発達行動障害学会が刊行している学会誌で、ウォルターズ・クルワー・ヘルス社にあるリッピンコット・ウィリアムズ&ウィルキンズ出版社によるものです。

こうした障害を患う若い患者たちに対し、研究不足ゆえ、臨床的有効性が未だ証明されていないという現状があります。まず、脳が発育過程にあるため、大麻成分を常用することで有害な結果を導くのではという強い懸念があるためです。

自閉症のケース

「こうしたデータ不足のため、発達障害に対する大麻成分の使用を推奨することができないのです」

そう記すのは、スコット・ハドランド博士、ジョン・R・ナイト博士、そしてシオン・キム・ハリス博士。いずれもボストン小児病院の医師たちです。

「まず高度の自閉症もつ子供たちの場合、言葉で情報交換することができません。どんなことで情報を得るかと言えば、まず騒音、反復的な悲鳴や、手をたたくことといった、周囲の人々や家族に対しては非常に破壊的な行動に依拠するものなのです」と、ナイト博士は語る。

「そうなると私自身は、子供を助けてあげるにはどうしたらいいのかと希求する家族に思いが及ぶわけです」博士は続ける。

「しかし、医療大麻の使用は、短期的な病状管理のために子供たちの将来を左右するかもしれません」

児童やティーンズに対する大麻成分の影響とは

今ではいくつかの州で医療使用が許され、合法化されている大麻。

ナイト博士らによれば、「この政治的変革において、大麻およびその派生物には、ある状況下では治療的な価値があるのではないか。そう、患者やその家族からの問い合わせが後を絶ちません。発達障害を持つ児童や若者たちからも、声が上がっています」という。

大麻草使用に関するデータを用いて、大麻およびそれに関連した合成物に、重要な薬理的特性があるかどうかが、今、検証されつつあります。

発達行動障害、殊にADHDの場合、早い段階でこうした物質を多く使う傾向がある。しかしながら一方で、増えつつある大麻成分使用の症例が、「精神医学的・社会心理的な悪い結果」につながっていることも否めません。

精神への影響

児童や10代の患者に定期的に医療大麻を服用させることについての、識者の意見を紹介します。

まず、若者による定期的な大麻使用は、時間がたつにつれ、知能指数の持続的な低下と関連することが指摘されています。中毒、うつ病、不安障害、精神病といった障害を併発する危険性が増大すると言われているのです。

臨床研究で新たな一歩を

青春期における脳は、大麻の有害な側面に特に影響されやすく、通常の神経発達過程においてカンナビノイド受容体がその役割を反映するという。

重篤な大麻常習者の成人の脳異常は、青春期における神経発達過程で大きな変化を受けたことに起因することも、大いに考えられます。

大麻が臨床的有用性をもって成人に対して用いられる場合のよいエビデンスはほとんど、小児の発達行動には適用できないという。

「十代患者の医療大麻使用の研究は、本当に不足しているのが現状です」

ボストン小児病院のチーフ、レナード・ラパポート博士は言う。

「しかし、神経的障害を持つ子供たちに対して医療大麻を用いた治療ができれば、新たな地平が開けるでしょう。特に発達障害を持つ子供たちに対しては言うまでもない進歩です」

より優れたCBD製品の開発を

オンラインではいくつかの団体が、自閉症やADHD、その他の発達障害を持つ子供たちのために「医療大麻」の使用を主唱しはじめました。

子供たちに対する医療大麻の有効性を要求すべく、これら団体は、動物研究や少数の臨床報告から得たエビデンスを引証することもあります。

とりわけCBD、つまりカンナビジオールは、そうした有効性を持つ成分として注目を集めている。ことにてんかんの症状を持つ子供たちには、精神作用がないCBDは、強い向精神成分と神経毒を持つTHCよりも注目を集めている。

しかしながら、有効性、安全性、そして耐久性に関するデータが存在しないことから、発達障害の治療に医療大麻を用いることが許可されないでいます。

ナイト博士は言う。

「まずカンナビジオールに対するより多くの研究データと、カンナビジオールが高濃度で低THCの製品が開発されることが必要です」

優れたCBDプロダクトとしておすすめするのは、やはり大御所パイオニアであるヘンプメッズ自信の一本、【スペシャル・レーベル】です。

南米では癲癇治療に使われ、法律をも動かした奇跡のCBDオイルです。確実な健康づくりを望む意識の高いユーザー様に広く使われております。

RSHO・スペシャル ブレンド CBDオイル

 - CBDオイルについて, CBDオイルの効果, どう大麻は作用するのか?, 体内でどう効果や効能があるのか, 全て, 研究文献 , , , ,