HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

大麻合法化の使用量について

   

フランスでも医療大麻や嗜好品大麻の合法化に向けて様々な取り組みが行われているが、そもそもフランスは国単位で保守が多く、昔の概念にとらわれている国であると友人に聞かされたことがある。
現に科学者たちレベルでもフランスは大麻に対して非常に厳しい見解を示しており、合法化に向けた道のりは相当厳しいだろうと指摘していたことを思い出した。

今回クローズアップするのは、フランス政府が実施した大麻の消費量を分析したものだ。

大麻(マリフアナ)の合法化をめぐる議論が活発化しているフランスで6日、大麻を合法化すれば大麻の使用量増加につながるという研究結果が公表された。

 研究は、フランス安全保障・司法高等国立研究所(INHESJ)と薬物・薬物依存監視機構(OFDT)が実施したもの。2012年に米国の州の中で最初に嗜好(しこう)用大麻が合法化されたワシントン(Washington)州とコロラド(Colorado)州、それに今年7月に国家として初めて大麻を合法化したウルグアイでの大麻消費量を分析した。

 大麻の合法化と使用量に関しては米国でも複数の調査結果が出ている。これらと同様に今回の結果も、大麻が合法化されたワシントン州とコロラド州では、もともと大麻の使用量が多かった10代では変化がなかったが、成人の使用量は増えたことが分かった。なかでも26歳以上で使用量の増加が顕著だったという。

まず、大麻を使用している10代を分析するってものおかしな問題だと思いませんか?アメリカではタバコは21歳以上と法律で決められているのに。。。やっぱアメリカってスケールが違う国だと実感させられる。

分析結果では26歳以上で大麻の使用量が増加した傾向になると指摘されているが、そこまで問題になることでもないような気がするのは私だけだろうか。

アルコールだって最初は非常に不味く感じたものの、25歳以上を境に美味さがわかったりしませんか?
個人的には10代ではあまりお酒を飲まなかったが、アルコールの美味さがわかった25歳からは消費量が格段に上がっています。飲む頻度も週3〜4回程度にまで。これって確実に軽度なアルコール中毒だとわかっています。

またワシントン州とコロラド州で嗜好品合法化の後に、嗜好品大麻旅行をした人が大麻中毒で入院する人の数が著しく増加したとの報告がある。

そりゃ、当然ではないだろうか。今までマリファナをアメリカ全土で禁止していたわけですから。時代は変わり大麻がもたらす作用、私たち人間に幸福を授けてくれるなんて記事見たら、よし!コロラド州行こう!!ってなりますよ。(アメリカ人って意外に単純だし、両州観光宣伝するわけだから)

アメリカ人は良くも悪くもリミッター(限界)を設けない人種だから(個人的に思っていること)、高濃度はマリファナを吸引しまくった結果、気絶して病院送りってのが現状でしょう。まず、旅行中に大麻中毒なんて考えられませんよ。それか初心者がいきなり高濃度なマリファナを吸引して血糖値が下がり、フリーズ(固まる)状態になってしまったか。

ディスペンサー(医療大麻や嗜好品大麻を販売しているお店)の定員にマリファナを吸ったことがない私のような人がタバコのようにマリファナを吸引したらどうなりますか?って尋ねたら、定員が間違いなくお前はフリーズするよ!って言われた記憶を思い出した。

その時にフリーズって言葉を聞いて、どういう意味か聞くとマリファナを吸っている奴は必ずと言っていいほど経験するんだ。初めてマリファナを吸引する際に高濃度なマリファナを大量に吸うと固まってしまうのさ!と説明された。(簡単に言うと思考回路が一時的に停止されるらしい)

えっ、それって。。。一瞬顔を歪めたのを悟ったのか、そんなに深刻に考えずに大丈夫だ!これはあくまで高濃度なマリファナを大量に吸った時に低血糖になることが原因であり、正しい摂取をすれば一切問題ないさ!って言われて安心した。

米国の上記2州では合法化後、旅行者を中心に大麻中毒とみられる症状で入院する人の数が「著しく」増加。一方、経済的には嗜好用大麻の売り上げが順調に伸び、両州で大麻による収入がそれぞれ年10億ドル(約1100億円)に達した。

このフランス政府が研究した最も重要なのは、両州の税収が毎年1100億円にも達したことだ。これて一大産業だと思いませんか?ふるさと納税に力を入れてる場合じゃないですよ。

過疎が進む市町村は注目すべき産業であり、農地があれば簡単に産業にできるわけです。鳥取県の大麻栽培従事者が違法大麻を吸引していた事件があったことにより、政府や各都道府県が大麻栽培免許を交付するのに難色を示している。あくまでに一例に過ぎず、しっかりした従事者を育てればいいだけの話。1週間に1回抜き打ちの尿検査実施するなどの処置を施せばいいではないか。じゃあ、そんな税収がアップする産業って他にあるんでしょうかね?

また産業用大麻を農地で栽培する場合、管理体制はどうするのか?って厳重にしたいのであれば、工場を併設し、水耕栽培に切り替えればいい話です。何も意固地になっているのか、全く理解しがたいことです。

 - 世界の医療大麻の状況について, 全て, 大麻草(マリファナ)について , , , ,