HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

あなたは医療大麻に賛成、それとも反対

   

世界では医療大麻の導入を推進している動きが各国レベルで巻き起こっている。
そもそも医療大麻は私たち体にとって有益なのか?という疑問を抱く人は日本に多いだろうが、
世界ではそのような問題レベルではなく、各疾患の緩和や完治を目指し研究が行われているのだ。

この問題を語るうえで重要となるのが大麻草(マリファナ)という植物をどういう視点でとらえるかが一番のキーポイントである。

というのも、日本人にありがちな大麻草、マリファナは薬物であるからダメだ!という一方的な意見や思想をお持ちの方たちにとっては絶対受け入れがたい問題となる。そのような思考の方は勿論、生涯医療大麻を使用しないわけであって現代医学の新薬などを使用するばいいだけの話なのだ。

医療大麻に反対している人が決して悪いと言っているわけではない。むしろ当然の意見であり、そのように教育されてきたのだから。

しかし、現在医学が進んでいるからという安易な考えだけで病気が治る!なんて考えは捨てなければいけないと私は思っている。

植物には漢方やハーブ成分とされるものまで多種多様にある。私たちの体を健康に維持してくれたり、または病気から守ってくれる成分も多くある。植物には様々な薬効があることは皆さんもご存知の方もいらっしゃると思う。

大麻を植物であるという角度から見るのか、それとも薬物であるという認識だけで議題に目もくれないのかでは全く異なってくるのだ。

薬物であるから違法だということでいえば、モルヒネはどうなるのだろうか?

何も反対派の揚げ足をとるわけでもないのだが、時として末期がん患者の苦痛を緩和するために、鎮痛剤でモルヒネを投与することは誰でも知っていることだ。

ではこのモルヒネという成分はどんな成分を意味しているのか知っていますか?

モルヒネはアヘンに含まれる成分を指しています。お気づきの方もいらっしゃると思いますが、麻薬の代名詞であるヘロインは、アヘンに含まれるモルヒネから作られる麻薬なのです。

末期がんを患った経験がある方や親族などで目のあたりにした方は知っての通り、毎日身体に激痛が走ることにより体力は消耗し、やがて憔悴してしまします。

日本でも末期がん患者にモルヒネを投与する際は必ず家族の承諾を得て投与するなど厳格なルールのもとで痛みを緩和することを前提に使用しています。

末期がん患者は日々の痛みが苦痛で自殺を考える人も多いそうです。日本で医療大麻の問題を勇敢に取り上げた山本さんという方がいらっしゃいました。その方もオピオイド系の鎮痛剤では効果がなかったものの大麻を吸ってからは体力が回復するまでに至ったそうです。

モルヒネが合法で大麻が違法というのも何か違和感を覚えませんか?

個人的な意見を述べさせていただくと医療大麻の導入に何が問題なのか、正直わからないといのが本音です。そうまでして患者や難治性疾患の方に対して使用する権利を認めないないのか、何も嗜好品のマリファナを解禁しろ!と言っているわけでないのですよ。

欧米などで難治性の疾患や重篤な患者の緩和ケアに役立つされているのであれば、頑なに拒むのではなく、国内で研究するとか何か国策として取り組むべき問題だと私は思う。

医療大麻で救われる命があるのであれば、患者さんに試す自由な権利を与えるのが政府として本当の役割なのではないか、シンプルにそう思いませんか?

誰だって生きる可能性があるのなら生きたい!可能性に懸けてみたい!と思うのが人間だと思います。最近体調が悪くて明日病院に診察しに行ったとしますよね?診察で末期がんです。あなたの余命は三か月から半年ですと伝えられたらどうしますか?可能性に懸けずにただ終わりを待っていられますか。

それをダメだ!って言われてもね。。まだ反対する根拠が明確にあるのであれば納得します。
ダメ!だっていう人のほとんどが大麻草の知識がなく、勉強もせずに頭ごなしに言われても納得できないですよ。そんな理不尽な物言いが通用したら何でもありってわけですよ。

中には知識があっても自身の立場で法律を厳守しなくてはいけないがために反対って方もいると思います。きっと多いはずですよ。

世界の研究者たちが大麻の研究データを分析した上で判断したことを法律がダメだと罰しているいうのもね。ここで政府は何やってんだ!となりがちですが、実際わたしたち国民が立ち上がらないのが一番のいけない。

アメリカ見てみてくださいよ!国民が立ち上がって自分たちの権利を主張し、正しいやり方で医療大麻を解禁しているではありませんか。医療大麻に限って言えば保守派の州などが医療大麻を解禁することに難色を示していますが、ここ数年すれば全州で解禁されますよ。もう国民を騙すことができない状況になっているのだと推測しています。

まあ、他国は他国で自国は自国

 - 全て, 医療大麻について, 大麻草(マリファナ)について , , ,