HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

竜巻生存者が不安障害、PTSD、疼痛のためのCBDオイルを保証

      2017/09/29

最近竜巻の被害に遭ったジョプリン市の住民は、CBDオイルがPTSD、不安、疼痛に役立つことに同意しています。

 

ニュースメディアFourStatesがジョプリン市の興味深い市民を数人取材し、彼らが皆、不安やその他症状を緩和するためにCBDオイルを利用していたことを発見しました。

 

そのうちの1組は、竜巻のなかにいたジョプリン市民のコニー・ウォーマック夫婦でした。竜巻の後、ジョプリン市民は深刻な心的外傷後ストレス障害(PTSD)の状態にあった、とコニーは話します。ほとんどの人がセルトラリンを処方されましたが、コニーは摂取した感じが好きではなかったのでセルトラリンを飲まないことにしました。

 

抗うつ剤の副作用が好きではなかった臨床社会福祉士

 

社会福祉士のミンディ・ミラーは、「被害を受けた人々は、私がセルトラリンを治療法として好きだと思っていた」と言います。一方で、ミンディは副作用に気がつき、同じ効力を持ちながらもネガティヴな副作用が無いナチュラルな方法を探していました。

 

コニーはより自然な方法を選び、地元の健康食品店で購入したCBDオイルを不安のために使用し始めました。店舗の所有者スザンナ・ネルソンは、1年以上前からジョプリン市でCBDオイルを販売しています。多くの顧客が不安、疼痛、PTSDのためにCBDオイルを使用している、とスザンナは言います。

 

CBDオイルは精神作用しない

 

スザンナは、CBDオイルは大麻から作られるが、喫煙した時に恍惚効果をもたらすTHCをほとんど含まないことを顧客に伝えています。CBDオイルはリラックスするのに役立ち、気分の落ち込みを和らげると同時にエネルギーも与えてくれた、とコニーは言います。

 

CBDオイルは効果的な鎮痛剤

 

ジョプリン市に住むカイロプラクターのジョー・シュネラーは、CBDオイルは非常に有益だ、と言います。CBDは鎮痛剤、それも非常に効果的な鎮痛剤です。シュネラーは数年前からCBDオイルの効果について研究してきましたが、唯一懸念している欠点は中毒性があるかもしれないことです。CBDは精神活性しませんが、気分を良くしてくれるので、簡単に依存してしまうことが問題だと、シュネラーは言います。

 

シュネラーのもう一つの懸念は、同僚たちによるCBDオイルの見方です。多くの人にとって、CBDは精神作用せず、非常に安全だということが信じられないのです。人々はTHCを全く含まないCBDオイルと大麻喫煙の違いが分からないのだ、とシュネラーは言います。CBDオイルを大量に飲んだとしても、精神が活性化されることはありません。

 

身体に耳を傾けて

 

コニーは、依存の心配に関して同意しません。身体に耳を傾けて必要だと感じる限り、摂取するのだ、と彼女は言います。「もう十分だ」と身体が伝えて来る日はやってきます。コニーはCBDオイルを数ヶ月間使用しましたが、その後は必要だと感じなくなりました。CBDオイルは不安や、その他いくつかのことに役立ち、頭をスッキリさせてくれました。CBDオイルを使用したことによる最大のおまけは、CBDオイルによって得たエネルギーだった、とコニーは言います。

 

不安のためのCBDオイル

 

コニーは、検討材料として優れた点を指摘したと言えるかもしれません。人体にエンドカンナビノイドシステムが存在することを発見した科学者メコーラム教授もコニーに賛同するでしょう。身体の自然なバランスが一度修復されると、カンナビジオール(CBD)は必要なくなるのです。

 

不安のためのCBDオイルはセロトニン受容体に対する刺激によって自然な落ち着き状態を回復させ、一度このバランスが回復されたらCBDオイルはもう要らない、とコニーは信じています。しかしそれを知るには、本来備わっている直感が必要です。もしくはコニーが言うように、「身体に耳を傾ける」べきでしょう。

 

 

 - CBDについて, CBDオイルについて , , , ,