HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

親たちの主張「いい加減ドラベ症候群のためにCBDオイルを認めて」

      2017/09/25

多くのドラベ症候群患者、特に小さな子供たちにとって、CBDオイルの使用が深刻な発作を止めてくれました。ドラベ症候群のような深刻で制御不可能な発作を伴うてんかんに対するCBDの効果は、今では疑問視されていません。

 

アイルランドに住むもう一人のドラベ症候群患者は、てんかんのためのCBDオイルに関する法が国会で可決されるのが待ちきれません。

 

ダウン郡に住む5歳のソフィア・ギブソンは難治性てんかんに苦しんでおり、1日に30回も起こる深刻な発作のために生命の危機に面しています。BBCが、ソフィアの両親ダニエルとダレン・ギブソンに話を聞きました。

 

薬の混合

 

ソフィアが摂取している複数の薬剤は発作に効果を示さない、とダニエルは言います。ダニエルとダレンは、CBDオイルが発作回数を劇的に減少させてソフィアを救ってくれる、と信じています。

 

ヘンプ株の一種であるシャーロッツ・ウェブから抽出されたオイルは、カンナビジオール(CBD)を高濃度、大麻の恍惚効果または精神活性化をもたらす精神活性化合物テトラヒドロカンナビノール(THC)をほんの微量含んでいます。CBDオイルはイギリスで認可されていませんが、現在合成CBD薬の臨床試験が行われており、来年までに承認されるはずだ、とギブソン家は伝えられました。

 

国会での議論

 

アイルランド国会も現在、大麻の医療使用合法化問題に関して議論中です。この議論は、別のドラベ症候群患者の母ヴェラ・トゥーメイが、保健相サイモン・ハリスの注意を引くために150マイルの行進を始めたことがきっかけとなりました。

 

ギブソン家や他の両親は、大きな関心をもって議論に注目しています。しかし、ソフィアにとって時間は最も重要です。てんかんによる突然死(SUDEP)の可能性は日々増しているからです。母のダニエルは、毎朝ソフィアを起こすとき、ソフィアがもう目覚めないのではないか、と恐れています。

 

これはどんな両親にとっても耐え難い恐ろしい恐怖であり、健康な子供を持つ親には想像がつかないかもしれません。ギブソン家に深い同情を感じない人がいるでしょうか?

 

法案の支持は肯定的

 

利益の前の国民同盟党の代議士ジーノ・ケニーが提案した法案は、どうやら90人の代議士の支持を得て、議会で可決されそうです。

 

サイモン・ハリス保健相はヴェラ・トゥーメイに対し、保健省が医療大麻の効能に関するアイルランドの政策を見直し、専門家の意見を仰ぐことを保証しました。

 

ドラベ症候群のためのCBDオイル

 

大麻系薬剤エピディオレックスは、ドラベ症候群患者の治療において非常に有益な結果を示しました。エピディオレックスは来年初旬までにアメリカで食品医薬品局(FDA)によって承認されることが期待されており、同年後半にはヨーロッパ中で公開されます。エピディオレックスは、CBDオイル使用時に必ずしも可能ではなかった、一貫性のある投与量およびバッチを提供できるため、専門家は非常に興奮しています。

 

一方で、ドラベ症候群にCBDオイルを使用することの利点には、植物の全ての分子が完全なまま存在することによるアントラージュ効果と呼ばれる効果があります。これは、元々大麻草に含まれる化合物間に起こる相乗効果は、CBDのみの使用では達成できない、ということを意味しています。この点で、エピディオレックスは総合的な薬ではありません。しかし、ドラベ症候群を患う子供たちにとっては、発作を抑制するものなら何でも大歓迎でしょう。

 

 

 - CBDについて, CBDオイルについて, CBDオイルの効果, CBDオイルの効能 , , , ,