HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

CBDオイル市場は2020年には1000億円規模

   

Brightfieqld Groupの報告書の見解は年率55%の成長率に元づき、2016年にCBDオイルの売上高は170百万ドルとなりました。

Brightfield GroupとHelloMDによれば、かナビジオールの市場規模は今年、4億6,700万ドルに達する見込みとの見解を示している。

CBDオイルは、産業用大麻の茎や種子から精製されることにより、THCなしで製造できる点がユーザーから支持を受けている要因だ。

子供から大人まで誰でも気軽にCBDオイルを摂取でき、50州すべてで合法であり、連邦規制の対象にはならない。

工業用大麻は嗜好品大麻が解禁されている州も増えていることもあり、売り上げと各州の税収もアップしている。

てんかんを含む多くの症状の疾患者に救い、THCからの精神活性効果の欠如は、CBDオイルを小児および高齢者のための強力な選択肢にする。

最近のユーザーエクスペリエンスレポートによると、CBDオイルを使用している患者のほぼ半数が処方薬などの伝統的な薬を使用しなくなったと報告している。

CBDユーザーの約66%は、CBDオイル製品が店頭で販売されている製品よりも病状を緩和するのに「より効果的」または「はるかに効果的」であること伝えている。

CBDオイルはサプリメントして販売されているが、もはや医療品レベルの扱いになるなんてこともあり得るかもしれない。

 - CBDについて, 全て ,