HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

CBD成分がペットの治療に新しい意味を与える!

      2017/09/25

ヘンプカンナビジオールまたはCBDオイルは、カンナビス植物から抽出された非精神性のオイルです。それは人間を精神活性にさせたり興奮させたりするすることはありません。CBDオイルは人間のカンナビノイド受容体に結合することが立証されています。

先週、私がブログの話題のための情報を調べていたとき、ヘンプカンナビジオールが犬や猫のような動物のさまざまな治療にも使われていることを発見しました。それが実際に不快でないとするなら、この発見は私を非常に驚かせました。

私はいくつかの調査を行い、この話題をもう一度取り上げることを約束した記事を書きました。これは、その記事の続報の最初の記事です。

ペットをダメにする-それともそれは失敗ですか?

さらに先へ進む前に、私は、情熱的な動物愛護運動家であることを明言する必要があります。私は動物に対する残酷な行為を嫌悪します。

私は化粧品のテストのために動物を使用することに全く嫌気がさしており、どんな方法であっても、娯楽目的で精神活性にするためにマリファナや麻薬をペットに与えるという考えを、許したり支持したりすることはできません。

大麻を吸いたいのであれば、それはあなた自身が決めたことです。ペットをあなたのパーティーに縛り付けないでください。

今、皆さんは今回の問題がどこに立っているのか知っていますので、私の最初の約束に感謝することができるでしょう。私は、先入観を持たずに調査を進めることに慎重になろうと決めました。

結局、私はヘンプカンナビジオールに興味があるのであり、もし人の利益のために用いることができるのであれば、どうして動物にも使えないということがあるのでしょうか?

ひらめいた瞬間

最後の数日間はそれほど簡単なものではありませんでした。私は、動物にヘンプカンナビジオールを用いることの背後にある倫理にあがいていました。

私は、どうしたらペットに大麻を与えることができるのかを考え続けました。私の考えは行ったり来たりで荒れていましたが、突然、私が、自分がいつも批判している、まさに心が狭く、間違った情報を与える人になっていたことに気づきました。

私は、THCとマリファナについて考えていましたが、CBDとヘンプについては考えていなかったのです!

ああ!!カンナビスの混乱はヘンプとマリファナに関係があります。私は、私をしばしばうんざりさせる、まさにトラップに陥っていたのです。CBDオイルは、私たちに影響を与えるTHCを含んでいません。

おそらくヘンプで精神活性になることはありません。そうです、なぜ私はこんなに愚かだったのでしょう?
もしヘンプが人を助けることができるならば、私たちの動物も助けるべきです。私は偏見なく、疑いの目を持たずにこの話題に戻る準備ができました。

獣医さんの意見

サラ・ブランドン博士とグレッグ・チョパス博士は、アメリカに本社を置くヘンプカンナビジオールを含む犬の治療用食品を製造する会社である、カンナコンパニオン(Canna Companion)を運営しています。

この2人の獣医の言葉は次のようにメディアで引用されています。

「私たちは、よく知られている向精神性の化合物であるTHCには興味がなく、また、ハイになったり、通常マリファナに関連する精神活性の効果を示したりするのに十分な濃度で、それを投与することも提唱していません。
私たちは、どんな手段であっても、医学的効果や向精神効果を生み出すために、動物にマリファナを投与することを推奨していません。
むしろ、私たちは、動物の治療目的においては、非精神性の化合物について、その投与を推奨し研究を続けています。」

これはかなり私自身の感情と共鳴します。今では、ヘンプカンナビジオールがペットを精神活性にさせないことを知って安心しているので、前より一層、動物の苦痛の治療にCBDオイルを使用することを受け入れる意思があります。

しかしながら、まだいくつかの疑いが残っており、PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)のウェブサイトに助言を求めることに決めました。

PETAは何を言うべきでしょうか?

PETAのウェブサイトは、カリフォルニア州の薬物政策アライアンスのポリシーマネージャーであるアマンダ・レイマン博士によって書かれた記事を誇っています。

レイマン博士は、腸癌を患っている年取った猫を飼っていました。その猫は体重が大きく減少し、睡眠障害を持っていました。獣医はレイマン博士に、腫瘍は手術不可能であると知らせました。

レイマン博士は猫のウェットフードに数滴のヘンプカンナビジオールを加えました。彼女はその結果に圧倒されました。猫は数か月後に他界したものの、レイマン博士は、彼女の猫が良く食べ、のどをゴロゴロ鳴らし、遊び、より良い質の生活全体を楽しんでいたのを見て大変喜びました。

さらにこの記事は続き、炎症による衰弱に苦しんでいる馬の治療について言及しています。ラメアウェイ(Lame Away)と呼ばれるCBDを含むシップが馬のために特別に開発されています。PETAの記事によると、有益な効果は驚異的です。

結論

CBDオイルは、犬のジステンパー、けいれん、湿疹などだけでなく痛みの治療においても、動物に使用されています。
私は責任あるペットの飼い主として、共に暮らす動物の最高の健康を保証することは私たちの義務であるということを信じています。
私個人としては、もちろん、新しい興味をもって問題を調べており、再び、ブログの記事としてこの話題を探求していきます。

 - CBDオイルについて, CBDオイルの効果, CBDオイルの効能, 全て ,