HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

CBDは脳卒中後の脳を保護する

   

最新ニュースです。CBDは脳卒中後の脳を保護します。なぜこれほど長く科学に時間がかかったのでしょうか?病院がまもなくCBDを使って人々の回復を助けるようになる可能性があるというのは、なんと素晴らしいことでしょう!

ナチュラル・ブレイズが復旦大学の発見を報道しました。詳しく見てみましょう。

CBDは二次損傷を予防し、既存の損傷を癒す

脳卒中や心不全によって引き起こされる脳虚血または血液供給不足は、深刻なダメージを引き起こすことがあります。通常、血液循環は緊急治療室でできるだけ早く回復させられますが、二次的な脳虚血/再かん流傷害はよく起こります。炎症が起こることも多く、血液、酸素、栄養素が欠如した部分に酸化ストレスによって引き起こされる損傷が起こります。

心臓専門医であるショーン・マッコーミック医師は、医療チームがいつか心臓・脳卒中緊急センターにおいて新たな損傷を予防し、既存の損傷を癒すCBD抽出物を使用するかもしれない、と話します。CBDの神経保護効果は、脳卒中や心不全による消耗性症状の発症を予防するだけでなく、体内の受容体と相互作用して炎症を抑えます。

CBDは素晴らしい可能性を持つ

科学者は、CBD分子が神経変性疾患を治療する神経保護剤として素晴らしい可能性を実証したことを発見しました。研究では、マウスから採取した神経細胞における酸素-グルコース欠乏/再かん流モデル(OGD/R)を用いたCBD聞知のインビトロ方法論を評価しました。

残念ながら、核心を突くための人体試験まではもう少し待たなければなりません。とは言え、端的に言えば、科学者はCBDの神経保護特性に関して他の研究で発見されたことを確証したのです。

CBDは強力な脳保護剤

この研究では、CBDは毒性、エネルギー危機、細胞代謝障害によって引き起こされるOGDR損傷に対する強力な神経保護効果を持つ、と結論付けられました。抗酸化防衛は、ペントースリン酸経路を活性化し、ニューロンを安定化させるエネルギー平衡を維持することによって、細胞のバイオエネルギーを守ります。

CBDはエネルギーおよび酸素消費率を維持して基礎的な呼吸を大幅に改善し、またOGDR損傷を受けたニューロンのグルコースを使用する細胞能力を改善することが報告されています。ジャーナル・オブ・レドックス・バイオロジー誌が最近、ある研究結果を発表しました。

これは、別の研究チームがCBDはアルツハイマー病においてニューロンを保護する可能性を持つことを発見したすぐ後の発見です。この研究も、人間の被験者ではなく実験室で行われたものです。

CBDは脳卒中後の脳を守る:いつかCBDは人間を救う!

脳卒中によって引き起こされる脳損傷は、甚大な苦痛を引き起こします。かつてはアクティブで独立していた人間が、部分麻痺を体験し、発話力を失うことさえあるのです。

この新たな研究は、CBDが有力な神経保護剤であることを確証するだけでなく、CBDが他の種の脳損傷も抑制する可能性があることを示す興味深い証拠をも提供します。インビトロ研究はほんの手始めです。その後臨床試験が行われ、研究者が最終的な結果にたどり着くにはさらに数年かかる傾向があります。

それでもいつかCBDはあなたの脳を救うかもしれません。CBDが脳卒中後の脳を保護するなら、いつか緊急治療室において利用され、人々の迅速な回復や損傷の抑制を助けるかもしれません。

 - CBDについて, 全て , , , ,