COCO SINSERE

医療大麻とCBDオイルの情報配信サイトSINSERE-シンシア-

*

退役軍人は痛みのための医療大麻の自由利用が必要

      2017/08/08

海洋狙撃兵だった退役軍人はインディアナ州における痛みのための医学大麻のために、擁護の最前線にいます。過去6年間、どんな医療大麻の法案も、この州では、委員会公聴会に通すことすらできませんでした。

彼が知りたいのは、それがなぜかということです。

インディスターは、砂漠の嵐と砂漠の盾において海洋狙撃兵を務めた51歳のジェフ・ストーカー氏をインタビューしました。彼は、インディアナ州における、痛みとPTSDのための医療大麻の主導的提唱者となっています。

政治家は退役軍人をまじめに受け取ります

ストーカー氏は、政治家が退役軍人の聞くことを固く信じています。それが、彼が、医療大麻のためのインディアナ退役軍人の活動を創設した理由です。インディアナアメリカ軍人会は最近、制限を削除し、マリファナを、少なくともいくつかの医学的価値があるものとして分類するという決議を承認しました。

ナショナルアメリカ軍人会は、インディアナポリスに本部があり、薬としての価値を持たない違法薬物のリストからカンナビスを撤回することを議会に要請しました。

ストーカー氏は、インディアナ州における医療大麻の変化を見たいと思っています。彼や彼のような人の多くは、痛みのための医療大麻は、退役軍人が鎮痛剤中毒になることを防ぐことができると主張します。

彼のその他の主要な関心事は、戦闘に関するメンタルヘルスの問題です。医療大麻は、退役軍人がその問題に対処することを助けてくれます。

以前の法案はどこにもありません

以前、カレン・タリアン上院議員が発起人となった医療大麻を合法化するための医療大麻法案は、共和党の州議会で弾みをつけることができませんでした。チャーリー・ブラウン議員は、同一の法案を導入しました。

クリスジュディ議員は、州の外から来た医師がそれを処方した場合、医療大麻を可能にする法案を提案しました。これらの医療大麻の法案はどれも、インディアナ立法府の委員会のヒアリングにすら達することはありませんでした。

鎮痛剤中毒

ジェフは、過去10年間鎮痛剤を飲んでおり、少なくとも8年間はオキシコンチンに費やしてきたと言います。薬に対する耐性が生じたために次の薬を処方するまで、投薬を行うというのが彼にとって普通になってしまいました。

彼はオキシコンチンを辞めようとした仲間の退役軍人の父から衝撃的な報告を聞きました。彼は最終的に、はるかに値段の安いヘロインに行きついたのです。

IPACは、医療大麻に反対

痛みのための大麻に対する主な反対は、インディアナ検察官評議会(IPAC)によるものです。そのウェブサイト上のページでは、マリファナが犯罪、中毒、交通事故につながることを示しています。
また、マリファナが他の強い薬物につながる「ゲートウェイ」薬であるという主張もしています。
IPACによると障害者の運転もまた大きな問題であり、決め手を探すかのように、カンナビスによって中毒になり最終的に獣医クリニックに行きつく動物に言及しています。

マリファナに薬効がないことを証明する

ストーカー氏は、IPACの議長でありオーウェンズボロ郡検事である、ダニエル・ムリー氏に宛てて、1つの事実を証明することを要求する手紙を書きました;マリファナは薬効を持っていないという1つの事実だけを。ムリー氏からの返事はまだありません。

議論?マリファナに薬効があることを証明する

IPACのデイブ・パウエル常任理事は、マリファナが薬効を持っていることを証明するのは擁護派の責任であると主張します。

彼は、マリファナたばこが効果的なカンナビスベースの治療法として考慮されることはないことに、医学会も同意すると述べています。
FDAの要件に沿った必要な研究をせずにマリファナを合法化することは、患者を危険にさらし、効果的な医療を受けることを妨げることです、とパウエル氏は言います。

痛みのための医療大麻:後退はできません

ストーカー氏は孫子による「兵法」を引用して、戦いには9種類の地形があるが、そのうちの1つは「死地」であり、そこでは後退はできないと言っています。
これは彼が痛みのための医療大麻のための戦いをどのように見ているかのあらわれです。

 - 全て, 医療大麻について , , ,