HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

カンナビス利用者のための銃は認可されないのはなぜ?

      2017/08/08

第9回アメリカ合衆国巡回裁判所のカンナビスと攻撃性の規定のために、医療大麻のカード所有者は銃を購入することはできません。

フォックスニュースUSは、医療用マリファナのカード所有者により申し立てられた、銃火器を購入したいという訴えが却下されたことを報告します。

医療大麻のカード所有者は、カンナビスと攻撃性のために銃を購入することはできない?

ローワン・ウィルソンは、違法薬物を使用していたという理由で、連邦規則の下で銃を購入することができなかったので、ネバダ州で訴訟を起こしました。
連邦政府は医療大麻のカード保持者に銃の販売を禁止しているので、合衆国憲法修正第2条(銃を持つ権利を認める憲法)に違反しないという判決が下されました。

連邦法の下ではカンナビスはまだ違法であり、アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局は、銃の販売者に対して、医療大麻のカード保持者の誰もが薬物を使用していると考えるのが当然であるということを明確にしました。

銃の使用が、不合理で予測不可能な行動に関連付けられるリスクを避けるためには、マリファナの使用者に対する銃火器の販売の禁止は合理的なことですと、上級管区裁判官のラコフ氏は述べています。

マリファナではなくアルコールに関連付けられた暴力

暴力的な行動の多くは、合法的なアルコールの使用と関連している可能性が高いので、この判決は、奇妙に思えます。
テネシー大学、ノックスビルで行われた研究では、ほとんどの人が予想したように、アルコール使用は、マリファナの使用よりも家庭内暴力につながる可能性が高いことを示しました。
この研究は、アルコール乱用に関連する暴力を防止することに焦点を当てています。

それは何十年も前から知られている親密なパートナーからの暴力 (IPV)であり、アルコールを伴います。
しかし、マリファナが違法であるためだけでなく、マリファナがもっぱら関与していると報告された暴力事件がごくまれであるために、マリファナに関する研究は非常に不足しています。

それにもかかわらず、多くの州でマリファナが合法化されていることと合わせて、カンナビスと攻撃性の問題は、注目されています。
いくつかの最近の研究では、IPVに関連するアルコールとマリファナの関係を調べています。

90日以上におよぶ研究では、男性は、マリファナではなく、アルコールの影響下でIPVを起こす可能性が明らかになりました。
女性も、また、アルコールを飲むと、身体的にも、心理的も攻撃的になりやすかったものの、男性とは異なり、女性の場合は、麻薬を使用しているときに、より心理的に攻撃的になりました。

UTKのグレゴリースチュアート心理学教授は、この研究の結果はさらなる研究によって確認されなければならないため、はっきりした結論を出すには早すぎると言って、研究結果保留にしています。
しかしながら、本質的な研究は、アルコールの使用がIPVの割合を高めることを示唆しています。

カンナビスは人を狂暴にしません

アルコールとカンナビスは、興奮剤や鎮静剤のどちらとしても作用し、高い覚醒状態に気分を高めます。
しかし、消費量に比例して、代謝プロセスや認知機能を減退させます。
研究により、男性はアルコールを摂取した日には、徐々に言葉が乱暴になり、その割合はすべてのアルコール飲料で高くなることがわかりました。

5杯以上のアルコールを摂取した日に、心理的虐待の可能性が増加しました。
マリファナの使用により、どちらかの性別がより暴力的になるようなことはありません。

心理学博士課程の学生ライアン・ショーリーによる研究に関するニュース声明は、彼らの調査結果は、暴力的な事件を防ぐためには、アルコールの削減をターゲットにするべきことを強く示唆していると、述べました。

しかし、驚くべきことに、現在のプログラムにおいては、主にアルコールの飲用に関しては無視されており、私たちが見てきたように、酒を飲むことができるし、まだ銃を購入することもできるのです。

精神薬理学で発表されたもう一つの最近の研究は次のことを調査しました:「アルコールおよびカンナビスの利用者における、主観的攻撃性に対するアルコールおよびカンナビスの急性効果」。
結果は、疑いを確認しました:飲酒量の多い人において、アルコールは、攻撃性を増強させます、一方、日常的なカンナビス利用者においては、攻撃性は減少します。

カンナビスと攻撃性

医療大麻を使っている誰かが銃を手に取って、だれかれ構わずに撃つ可能性は、人々がアルコールを飲んだときよりも小さいことは確信できそうです。

つまり、医療用マリファナを使用しているときに、無責任な銃の所有者になる可能性は非常にわずかであるということです。
連邦政府は、医療大麻の利用を認める個々の州の権利を受け入れているので、それにもかかわらず、カンナビスを合法的に使用している人が、銃火器を購入することが許されないということは驚くべきことです。

 - 全て, 医療大麻について , ,