HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

カンナビジオール(CBD)と慢性炎症の関係性

      2017/08/09

慢性炎症について

目に見える炎症の最も身近な例は、虫刺されの周りに膨らんだピンクの肌のふくらみです。
炎症性応答は、自然免疫反応です。

これは、損傷した組織、外来の刺激物、および病原体に対する防御システムの初期の段階ですが、その炎症が長くかつ持続的になると、慢性炎症の状態となります。
慢性炎症は、それ自体が痛みを伴うだけでなく、関節リウマチ、線維筋痛症、乾癬、およびクローン病などの多くの近代的な疾患において基礎となる症状です。

どのようにCBDが炎症に影響するか

内在性カンナビノイドシステムは、慢性炎症に関連した身体のストレス反応の強弱をコントロールしています。
カンナビジオール(CBD)は体内に入ると、内因性カンナビノイドシステムに作用します。
それによって、内在性カンナビノイド系のシグナル伝達性の脂質が炎症を誘発させる炎症性サイトカイン(シグナル伝達タンパク質)を阻害し、その結果として免疫系に影響を与えます。

CBDと炎症研究

CBDと痛みの軽減との関連を支持する科学的研究は、盛んに行なわれるようになっています。
ここでは、この領域の中で代表的な研究をご紹介します。

論文1
炎症における、カンナビノイド、内在性カンナビノイド、および関連類似体
Sumner H. Bursteincorresponding author1,2 and Robert B. Zurier2
AAPS J. 2009 Mar; 11(1): 109–119.

*本レビューでは、過去5年間に公表された、テトラヒドロカンナビジオールおよびカンナビジオールなどの植物性カンナビノイド、アジュレミン酸やナビロンなどの合成類似体、アナンダミドのような内因性カンナビノイドや、エルマイラ酸などのその関連化合物、さらに、抗炎症作用を示す大麻の非カンナビノイド成分を含む、すべての種類のカンナビノイドの抗炎症活性に関する研究をカバーしています。
この論文では、炎症の過程におけるカンナビノイドの関与に関する話題を更新することを意図しています。

抗炎症反応の潜在的なメカニズムは、炎症の回復を促進するエイコサノイドの産生の増加を伴っていることが提案されています。
カンナビノイドの抗炎症メカニズムは、炎症プロセスの誘導を促進するエイコサノイドの合成を抑制するシクロオキシゲナーゼ-2阻害剤とは異なっています。

本概説で取り上げられた最新の研究報告は、古代中国のヒーラー(治療者)によって構築された主張を支持しています。
これらの最新の研究論文では、慢性神経因性疼痛、線維筋痛症、関節リウマチ、および術後疼痛の軽減に関する内容が論じられています。

論文2
カンナビノイドと免疫系:炎症性疾患の治療の可能性
Croxford JL1, Yamamura T.
J Neuroimmunol. 2005 Sep;166(1-2):3-18.

*カンナビノイド受容体およびそれらの内因性リガンドの発見以来、内因性カンナビノイド系の生理機能の研究は飛躍的な進歩を遂げています。
免疫システムの細胞上のカンナビノイド受容体の存在と、カンナビスが強力な免疫調節作用を持つことを示唆する事例や歴史的な証拠は、免疫学的細胞機能に関連してこれらの受容体の機能と役割の理解に向けた研究につながっています。

慢性的な大麻喫煙者の研究は、ヒトでの大麻の免疫調節作用について、多くの証拠を提供してきました。また、動物実験やT細胞およびマクロファージなどの免疫細胞のインビトロ研究も重要な証拠を提供しています。
カンナビノイドは、免疫細胞から分泌されるサイトカインの機能と、その分泌の両方を調節することができます。

従って、カンナビノイドは炎症性疾患の治療の手段として検討すべき物質です。
このレビュー記事では、カンナビノイドに関する最近の研究から、カンナビノイドがどのように免疫系と相互作用しているか紹介し、多数の炎症性疾患の治療薬としてのカンナビノイドの潜在的使用の可能性について検討しました。

論文3
食事中の抗炎症性カンナビノイド:CB2受容体の作用のよりよい理解に向けて
Gertsch J1.
Commun Integr Biol. 2008;1(1):26-8.

*内在性カンナビノイドシステムは、哺乳動物における神経機能、炎症プロセスを調節古代脂質シグナル伝達ネットワークであり、例えば、クローン病、アテローム性動脈硬化症や変形性関節症のような特定の人間の生活習慣病の病因に関与しています。
このシステムは、慢性炎症や特定の痛みを引き起こすストレス関連信号をダウンレギュレートすることができますが、それはまた、生理的な状況に応じて炎症関連症状を引き起こします。

中枢副作用を誘発しないCB(1)受容体とは異なり、カンナビノイド2型(CB2)受容体は有望な治療標的であることが示されています。
また、CB(1)受容体のアンタゴニスト/インバースアゴニストは治療的価値があることが知られていますが、CB(2)アゴニストを含む受容体リガンドもまた薬理学的に興味深いものです。
内在性カンナビノイド系は、エネルギーホメオスタシスおよび代謝の調節に関与することが知られていますが(主にCB(1)受容体を介して)、食物摂取とカンナビノイド受容体の活性化の間の直接のリンクは、これまで明らかにされていませんでした。

私たちが最近発見した、偏在する親油性の植物の天然生成物であるβ-カリオフィレンがCB(2)受容体に選択的に結合し、完全なアゴニストとして作用するという知見は予想外のことです。
おそらく、この栄養化合物の経口投与が野生型マウスにおいて強力な抗炎症作用を発揮し、CB(2)受容体ノックアウトマウス(CNR2( – / – ))では抗炎症作用を示さないことは、さらに予想外のことでしょう。

他のCB(2)リガンド(特定の受容体に特異的に結合する物質)のように、β-カリオフィレンが、典型的には炎症性サイトカイン(IL-6、IL-1β、IL-8およびTNFアルファ)の発現を引き起こしてTH(1)免疫応答を促進させる、Toll様受容体複合体CD14/ TLR4/ MD2の活性化によりトリガされる経路を阻害します。

この論文では、 LPSにトリガーされるキナーゼERK1 /2およびJNK1/2の活性化に対する、ベータカリオフィレンのCB(2)受容体依存的な効果について、CB(2)のインバースアゴニストおよびアゴニストの両方が、タンパク質シグナル伝達に非依存的に、MAPKのLPS-トリガー活性化をブロックし、 炎症性サイトカインの発現と炎症の減衰を抑制する可能性の観点から、さらに議論しています。

炎症性腸疾患とカンナビノイドの関係性
炎症性腸疾患は、一般的に潰瘍性大腸炎とクローン病のことを指しています。
潰瘍性大腸炎は、大腸に慢性的に炎症が生じ、潰瘍ができる原因不明の病気で、クローン病も原因不明で、主に10~20代の若年で発症し、消化管に縦長あるいは不整型の潰瘍、粘膜が腫れたり、内腔面が狭くなったりする炎症性疾患です。

カンナビノイドは、消化管におけるカンナビノイド受容体(CB1.CB2)に影響を与え、症状の緩和に役立つ効果を発揮することができます。
疼痛、炎症、下痢の軽減を含め、消化管運動亢進と消化管分泌の効果があります。
カンナビノイドは、平滑筋弛緩剤のように痛みを伴う胃腸の痙攣を減らし、腸痙攣を緩和することができます。
カンナビノイドはまた、傷ついた上皮組織の再生を向上させることができます。

これらの効果の多くは、体の多くの部分位置するカンナビノイド受容体の作用によるものである。
イスラエルで実施された研究では、患者数21名の8週間の対照試験では、プラセボ(偽薬)のグループと比較して、THCを112mg/日と高濃度に喫煙によって摂取したグループは、ステロイド薬を使わず、副作用もなく、臨床的な症状改善に有意性があったと報告されている。

カンナビノイド : THC
作用機序 : CB1,CB2

動物における炎症の治療

人間と同様に、多くの動物は、特に加齢に従い、炎症を引き起こします。
そのような猫や犬などの多くの動物は、人間と同様にに、カンナビジオール(CBD)療法により、炎症の重症度の有意に低下させることができます。
イヌやネコ(だけでなく、多くの他の哺乳動物)は人間のように、内在性カンナビノイドシステムを持っているので、体に対するCBDの影響は我々人間に似ています。

CBDは、あなたのペットの炎症や関節炎を治療するための、安全で、自然な方法です。
あなたのペットの炎症の治療にヘンプを用いることや、どんな治療を試してみるべきかについては、ペットの主治医と相談してください。

 - CBDについて , ,