HEMP NEWS

CBDオイルと医療大麻の情報配信サイト-ヘンプニュース-

大麻はどれくらい持つ? Leaflyが提供する大麻保管ガイド

      2017/08/08

大麻を使用し始めてからある時点で私たちは、「大麻はどれくらい持つのか?」という問いにぶつかります。
去年の冬にスキーに行ったときに着ていたジャケットに入っていた小さな塊を見つけたときかもしれませんし、または医療大麻を栽培する際に自分の収穫物を使用するまで余分な芽を安全に保管する方法を知りたいときかもしれません。

高級ワインセラー、またはウィスキーの樽のように、大麻は冷暗所で熟成されるのが最適です。
大麻の決まった使用期限はありませんが、長期間大麻を保管する際に考慮すべき重要な要素はいくつかあります。

大麻保管オプションを調べてみましょう!

大麻保管の理想的な温度
白カビおよび他のカビ類、その他有機物は25℃〜30℃の環境で育つので、大麻を冷暗所に保管するための基本的な事前注意事項は非常に役立ちます。
過度の熱は、育成するのに何ヶ月もかかるカンナビノイドやテルペンを乾燥させてしまいます。
これらのエッセンシャルオイルが植物素材とともに乾燥しすぎると、高温できつい煙が出ます。

低い温度もまたカンナビノイドの脱炭酸プロセスを鈍化させます。
これはTHC-Aを精神作用性のTHCへ変換するプロセスで、最終的にあまり望まれないCBNへと分解されます。
さらに、温かい空気は冷たい空気よりも湿気を含みます。
これはもう一つの検討事項です。

大麻保管の湿気要因
湿気管理は、大麻から白カビやその他カビ混入物質を遠ざけるために最も重要です。
大麻を適正な相対温度(RH)幅で管理された環境に保管するのは、時にバランスを取るのが難しいですが、大麻の色、濃度、香りおよび味を維持・強化するように保管する際、一般的には59%〜63%のRHで大麻を保管することが総意です。

RHを65%以下にすることで、カビの発生率が下がります。
しかしRHが低くなりすぎると、トリコームがもろくなり、エッセンシャルオイルが乾燥してしまうリスクがあります。

大麻保管のための照明環境
有害な紫外線は、有機および合成素材の多くを分解します。
長い夏の終わりに芝が茶色に変色するのと同様に、または車庫に止めていない車の塗料が色褪せるのと同様に、紫外線は時間をかけて大麻を劣化させます。

1970年代にロンドン大学で実施された研究では、照明がカンナビノイドの劣化に関する唯一の最大要因だったと結論付けられました。
適切な環境で保管された場合カンナビノイドは2年間にわたり安定性を維持すること、またエッセンシャルオイルは時間をかけてゆっくり分解されるため実際はもっと長くその有効性を保ち、使用しても安全である可能性を持つことが同じ研究で結論付けられています。
直射日光の当たらない場所に大麻を保管することは、温度管理にも役立ちます。

大麻保管のための空調管理

大麻は成長・硬化の際に酸素を必要としますが、原形のまま、新鮮な状態を保つためには、適正量の空気とともに大麻を容器に保管することが重要です。
空気が少なすぎると相対温度に大きく影響します。
これは特に芽が保管前に完全に乾燥できていない時に顕著です。
一方で空気が多すぎると、カンナビノイドおよび他の有機物が酸素に触れるため、劣化プロセスが加速します。
酸素暴露を最小限に抑えるのに役立つ、蓋付き保管用瓶に使える手動または電動の真空ポンプ取り付け具はさまざまなタイプが入手できます。

大麻を保管するときにやるべきこと

・直射日光を避け、冷暗所に保管する
・ガラス瓶など中性電荷の容器に保管する
・RH量を監視および管理するために湿度計、またはBovedaのような製品を使用する
・酸素暴露を最小限に抑えるため瓶または容器を真空密閉する
・それぞれの風味を維持するために株を分ける
・大麻を保管するための新しいワクワクするような方法を探す。
大麻保管に関するすべてのニーズを満たすために解決策を設計するCannador社やThe Bureau社のような新企業や新製品が登場し、大麻業界は日々成長しています。

大麻を保管するときにやってはいけないこと

・冷蔵庫に保管する。湿度と温度の変動は、カビおよび白カビ発生のリスクを実質的に高めます。
・冷凍庫に保管する。
氷点下の温度はもろいトリコームを壊れやすくし、取り扱う際に小さなつららのように折れてしまいます。
・プラスチック製の袋や容器に保管する。
プラスチックは時に、大事なトリコームを引きつける静電荷を持ちます。
プラスチックの袋を使わなければならない場合は、少量の大麻の短期間保管のみに使用してください。
・熱を発する電化製品または電気器具の上や周りに保管する。
温度が上がります。代わりに、低い位置の食器棚、戸棚、またはワインセラーのように地下室に保管してください。
・タバコケースを使用する。
ほとんどのタバコケースではシダーウッドが使用されており、このオイルが大麻に移り、風味に影響を与える可能性があります。
また湿度を調整するためにプロピレン・グリコールを使用したスポンジを用いることが多く、大麻を過飽和させる可能性があります。
・グラインダー、パイプ、その他大麻道具に保管する。
燃えた大麻の灰や樹脂は残存することが多く、保管容器に悪臭がつきます。
また単に、自分の供給物を別個に、綺麗に保つのは良いエチケットでもありす。

その他大麻保管に関する要素
食品およびその他消耗品など、大麻が注入された製品には、異なる保管ガイドラインがあります。
これらの製品を長期間保管することはお勧めしません。
容器にある指示に従い、通常の食品を中心とした製品と同様に食品を保管してください。
アルコール製チンキ剤およびその他大麻濃縮物は、生体物質量が少ないため、カビやその他混入物質の影響をあまり受けやすくないようです。
それでもなお、効能を保ち、汚染の可能性を最小限に抑えるために、上記に概説された基本的なガイドラインに従うことをお勧めします。

出典:Leafly

 - 全て ,